AR3DCAD
拡張現実空間に3次元スケッチを描くことで立体物を直接生成することができるRhinoceros5向けアドオン。wacom社製ペンタブレットの筆圧で奥行きを入力する。これを用いることで実世界でのスケール感に基づいて3Dモデリングが行える。主にプロダクトデザイン領域で活用する。
Back to Top